和装結婚式とはなにか

結婚式というと、ホテルや結婚式場で、ウェディングドレスを着用して行うというものを想像する人が多いですが、着物を着て行う和装結婚式も人気があります。日本の伝統的な衣装である着物を着て、美しく装うことはひとつの憧れですよね。和装結婚式には様々な挙式スタイルがあり、神前式や仏前式、人前式などをはじめ、チャペルで和装で結婚式を挙げても和装結婚式になります。挙式や披露宴の中に和を取り入れていたら和装結婚式といえますよ。

和装結婚式の流れとは

和装結婚式の流れは、通常の結婚式や披露宴と大きく変わることはありません。ゲストや新郎新婦の入場から始まり、開会のあいさつや新郎新婦の紹介、乾杯やケーキ入刀と進み、食事にゲストスピーチ、お色直しをして様々な余興を挟んで閉会となるでしょう。和装結婚式だからといって、やりたい演出を我慢しなければならないということはないので安心できますね。

和装結婚式の主流神前式

和装結婚式に特別な決まりはありませんが、主流となっている神前式には、しっかりとした流れがあるので注意が必要です。神前式は、神社で行う結婚式で、みやびやかな雅楽の調べの中で厳かな式を行うことができます。日本の伝統や特別な結婚式をしたい人、家同士のつながりを重視したい人にはおすすめですよ。

和装結婚式らしい演出

和装結婚式にしたい場合には、着物を着ての結婚式以外にも様々な工夫をすることができます。番傘を使った入場や食事を和食に統一するほか、音楽を和太鼓の演出にするなどといった演出を取り入れると、一気に和装結婚式らしくなります。会場のコーディネートやテイストを和に統一すると、それだけで雰囲気が出てきますよね。

五十鈴川にほど近い四日市の結婚式場では、自然が豊かで川のせせらぎも聞こえることから、環境が良いことで人気があります。